株式会社アルク 

 

1969年創業した語学教育の総合カンパニーで、ゴガクの老舗です。ALCとは、Associated Liberal Creatorsの略です。スローガンは「地球人ネットワークを創る」(Associated Liberal Creators networking for global communication)で、英語学習者に対し、「英語はコミュニケーション・ツールである」という考えのもとに、『1000時間ヒアリングマラソン』をはじめとする各種通信講座、月刊誌『English Journal』をはじめとする英語学習に関する多くの出版物、TOEICテストや英検といった英語試験対策教材など、学習者の様々なニーズに応えた書籍、教材を幅広く提供しております。また、子どもたちが英語の楽しさを理解し、「使える喜び」を知ってもらうための教材・教室作りを通じて、将来「地球レベルのコミュニケーション」ができるような児童英語教育にも力を入れています。

 

児童英語事業は1987年発足し、通信講座「エンジェルコース」や月刊誌『子ども英語』の他、「アルクKiddy CAT英語教室」や児童英語・小学校英語指導者の養成にも尽力しています。

 

アルクKiddy CAT英語教室が目指すのは、単なる英語や語学の知識の習得だけではありません。子どもたちがこれからの社会で活躍するために必要なグローバル感覚や異文化コミュニケーション能力を身につけることです。常に、国を超えたグローバルな視野を持って物事にあたる、そのような資質を伸ばすことができるのがアルクKiddy CAT英語教室です。

 

全国展開しており、現在約1000校あり、生徒は10000人以上。2歳~12歳まで(当教室は年中4歳から)を対象にし、ゴガクの老舗ならではの優れた教材・カリキュラムを使い、専門的な訓練を受けた質の高い認定教師が指導します。

  

各コースの紹介は、「ALC子ども英語教室コースのご案内」ページへ。